パソコンページを表示
スマホページを表示

移住者からのメッセージ

移住者からのメッセージ

2014年2月17日
内藤正巳さんは、木島平村に隣接する飯山市、飯山市ふるさと回帰支援センター主催の「飯山まなび塾」や「百姓塾」で5年間農業や田舎暮らしを学ばれ、2010年から木島平村の「地域おこし協力隊員」として木島平村に移住、現在は木島平村役場で行政のお仕事に携わっています。

内藤さん:「ある時、通勤にかかる往復3時間が、往復2時間・1時間と短くなったとして、どの位の時間が浮くのか、ざっくりですけど計算してみたんです。すると、人生の時間に換算してみたら、積み重ねで1年とかの長さになるんですよね。当時の定年は60歳でしたけど、僕らの世代は65歳まで延長されるだろうし、人生の中で、自分で自由に使い道を決められない時間を、この先、定年まで毎日毎日過ごすのか…と思いました」。

定期的に「百姓塾」の活動で木島平村に訪れる生活を3年間続け、また2010年に公開された中井貴一さん主演の映画「RAILWAYS~ 49歳で電車の運転士になった男の物語」を観て、映画の主人公の生き方に自分を重ね合わせ、2010年の夏、木島平村の「地域おこし協力隊」の募集を見つけ奥様の賛同もあり応募、木島平村の選考を経て本格的に移住。生活の場を移しました。

内藤さん:「一年の間に風景が変わるので、大きな劇場の廻り舞台を見ているようです。自宅の前の高社山も遮るものがまったく無いので、毎日違う表情を見せてくれます。都会は色があまり無いんですよね。コンクリートばかりで色があまり変わらないような気がします。毎日見ていると景色の変化に気づきます。」

笑顔でお話くださる内藤さんのにこやかな表情に、充実した木島平村での生活の一端を垣間見ました。
 
 
 
 
 

関連ワード

お問い合わせ

建設課
農村整備係
電話:0269-82-3111

ページの先頭へ