パソコンページを表示
スマホページを表示

田んぼギャラリー作品展示vol.5

田んぼギャラリー作品展示vol.5

2013年9月26日

 

田んぼギャラリーの作品を展示しますvol.5

 

木島平村では、村の持つ農村空間の魅力を活かし、農業の高付加価値化及びブランド化を図るとともに、農業体験や農村文化体験等の多様な観光メニューの創出、インターネットによる交流人口の拡大を図り、地域経済の活性化とブランド形成を図るため、各種プロジェクトに取組んでいるところです。

 

今回「ごはん」をテーマにクリエイターの皆さんが「食と農業の大切さ」を発信した作品を今後数回に分け、紹介していきます。
作品提供:トドロキデザイン

 

 

 

滝沢   大井川 田んぼ 

「ご飯のごえん」
滝澤 亮一
無事に育ったお米をありがたく食べる。

田んぼとの善きご縁を五円玉で表現。 

 

 

「僕が見た田んぼ」
大井川 茂
「田んぼ」だって「稲」だって人間が作ったもの。

この土地に、とけ込んでこんなに美しい。

 

 

大井川 ブルース 大井川 明日

「僕が聴いたブルース」
大井川 茂
やせこけたおっさんが蒸し暑い真夏の田んぼで草を刈る

ブルース。

きっと届いている。すっきりした稲穂達が順々に笑う。

 

 

「僕が感じた明日」
大井川 茂
明日なんてわからないから今日が楽しい。

計画ばっかり練っているのは嫌だ。

暖かい春の日差しいつもの路を行こう。

 

 

中嶋 轟

「おもいでの中のごはん」
中島 聡子
楽しい時は母のおにぎりがあった。ただのおにぎりだったけど、

楽しい思い出とおにぎりがリンクしておにぎりが大好き。

 

 

「人と田んぼをつなぐ」
轟 理歩
当たり前のように広がる田園と人をアートでつなぐ。

田んぼ(食)のありがたみを再確認するため、気持ちを向けてみる。

 

 

              

 

以前に掲載された作品は、下記をご覧ください。

vol.1

vol.2

vol.3 

vol.4 

 

 

 今年の春の田んぼギャラリーの様子です。

今年の様子

 

 

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

総務課
電話:0269-82-3111

ページの先頭へ