パソコンページを表示
スマホページを表示

健康・福祉・介護:福祉・介護の案内:高齢者の福祉

健康・福祉・介護:福祉・介護の案内:高齢者の福祉

2016年5月13日

高齢者の福祉

1.社会参加、生きがい促進

老人福祉週間事業

敬老の日(9月第3日曜日)を中心に、次の事業を行います。

○敬老お祝い訪問の実施

  米寿、百歳、村内最高齢の方を訪問し、祝意を表します。

 

   ・ 問い合わせ先 【健康福祉係  内線125】

 

シニア大学

長野県シニア大学北信学部(2年制)が開設されています。

仲間づくりの輪を広げ、新しい知識を身につけ、充実した生活を創造したり、豊かな経験や知識を地域社会に役立てていただくための講座が組まれています。

 

  • 問い合わせ先 【健康福祉係  内線125】

 

せっこ塾(高齢者学級)

自己の実現と健康の増進を図り、高齢者の社会参加を促進することを目指して、毎年開講しています。

講座は全体学習会とコース別学習会に分かれ、複数のコースを選択することもできます。

  • 問い合わせ先 【教育委員会生涯学習係 農村交流館内82-2041】

 

高齢者スポーツ活動の推進

身体機能の維持と、スポーツを通じての地域連帯感の育成を図ります。

 

    ・ 問い合わせ先 【健康福祉係  内線125】

 

馬曲温泉いこいの家

高齢者の教養の向上及びレクリェーションの場として、また集会の場として利用できます。

 

    ・  問い合わせ先 【健康福祉係  内線125】

 

高齢者健康増進事業(老人福祉バス)

高齢者を対象に、地区別に送迎バスを運行し馬曲温泉でゆっくりお休みいただきます。

 

 ※利用料が必要です。

 

    ・  問い合わせ先 【健康福祉係  内線125】

     

 

デマンド交通ふう太号 利用助成事業

生きがいづくりのための外出支援を目的に、高齢者等を対象に村内区間を1回100円で利用できるパス券を発行。

 

    ・  問い合わせ先 【健康福祉係  内線125】

 

シルバー人材センター

長年の技術と経験を生かしながら、働くことを通じて生きがいを求め、地域に貢献することを目指した高年齢者が主体となった共働・共助の組織です。

センターは、会員の希望と発注者の条件が一致したときに会員に仕事を提供し、仕事に応じて配分金を支払います。

 

 ※年会費 3,000円が必要になります。

  • 問い合わせ先 【飯山地域シルバー人材センター 電話0269-63-2915】

2.介護予防

いきいき広場(出前デイサービス)

在宅の虚弱老人等の65歳以上の介護認定を受けていない方を対象に、地区の集会施設を利用し、デイサービス事業を行っています。

 

 ※参加費 500円

  • 申し込み先 【木島平村社会福祉協議会 電話0269-82-4888】

 

訪問指導員の派遣

独り暮らしや虚弱な方を対象に保健師、看護師が各家庭を訪問し、健康管理や食事指導などの相談、助言等を行っています。

 

    ・ 問い合わせ先 【健康福祉係  内線125】

 

 

高齢者福祉総合センター福寿苑

独り暮らしや高齢者世帯の方で、居宅で生活することに不安のある方を対象に、必要に応じ住居の提供をいたします。

  • 申し込み先 【木島平村社会福祉協議会 電話0269-82-4888】

 

雪害救助員の派遣

独り暮らしや高齢者世帯の方を対象に雪下ろしのお手伝いをします。

 

 ※所得等の制限があります。

  • 申し込み先 【地区民生委員】

 

日常生活用具の給付及び貸与

65歳以上の独り暮らし老人、高齢者世帯の方に緊急時や、防災等のため日常生活用具を給付又は貸与します。

 ○貸与 緊急通報装置 等

 

 ※一部所得制限があります。また、所得に応じて利用者負担があります。

  • 申し込み先 【健康福祉係または地区民生委員】

 

希望の旅じょんのび

昼間1人でお過ごしの方等を対象に、日帰り旅行を行います。

 

 ※参加負担金があります。

  • 申し込み先 【木島平村社会福祉協議会 電話0269-82-4888】

 

ふれあいランチサービス

独り暮らしや高齢者世帯の方を対象に、毎月1回ボランティアの皆さんによる配食サービスを実施しています。

 

 ※1食350円の自己負担があります。

  • 申し込み先 【木島平村社会福祉協議会 電話0269-82-4888】

 

木島平村地域包括支援センター(健康福祉係) 電話 0269-82-3111

介護、権利擁護、虐待等に関する総合窓口として相談に応じます。

  • 相談時間 平日8:30~17:15(電話0269-82-4771)

 

権利擁護事業

障がいや高齢等の理由から、判断能力の不十分な方が安心して地域で暮らせるよう、権利擁護や

成年後見制度等の利用に向けた支援を行います

  • 相談窓口
    【北信圏域権利擁護センター 電話0269-22-2266】

 

養護老人ホームの入所

家庭環境などの理由で、自宅で生活することが困難なお年寄りが入所できます。

 

 ※所得に制限があります。

  • 申し込み先 【健康福祉係または地区民生委員】

 

3.介護保険

介護が必要になった時は、介護認定をうけましょう。

  • 申請窓口 【健康福祉係(電話0269-82-3111) 持ち物 介護保険被保険者証】

 

介護保険給付

介護保険給付を受けるには、介護認定を受けることが必要になります。

認定を受けた状態区分に応じて支給限度額が異なります。

(要支援1・2、要介護1~5まで、7区分にわかれます。)

 

ア.施設サービス
 

次の3種類があります。

・介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)   要介護3以上の人が利用できます。   

・介護老人保健施設(老人保健施設)        要介護1以上の人が利用できます。

・介護療養型医療施設(療養病床)         要介護1以上の人が利用できます。

 

イ.在宅サービス
a ホームヘルプ(訪問介護)
b デイサービス(通所介護)
c 訪問入浴介護
d 訪問看護
e 訪問リハビリテーション(各家庭に出向いておこないます。)
f 通所リハビリテーション(医療機関等に出かけて受けます。)
g 福祉用具の貸与(特殊ベット、車椅子、歩行器、エアマット他 計12品目)
h 短期入所 (生活介護、療養介護があり、認定の有効期間内に利用できる日数には、制限があります。) 
i

福祉用具購入費の支給

腰掛便座、移動用リフトのつり具、入浴補助用具、特殊尿器、簡易浴槽の購入について要介護区分にかかわらず、10万円を上限額に購入費の支給があります。

j 住宅改修費の支給(小規模な改修)

要介護状態区分にかかわらず、20万円が上限額になります。※住宅改修を行う場合は事前申請が必要です。

役場健康福祉係またはケアマネージャーにご相談ください。

○廊下や階段、浴室への手すりの設置

○段差解消のためのスロープ設置

○すべり防止のための床材変更

○引き戸への扉の取り替え

k 居宅療養管理指導
l 特定施設入居者生活介護

 

ウ.地域密着型サービス

a

小規模多機能型居宅介護

b

夜間対応型訪問介護

c

認知症対応型通所介護

d

認知症対応型共同生活介護

e

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

f

地域密着型特定施入居者生活介護

※サービスを利用するときは、介護サービス計画(ケアプラン)に基づいて利用することになります。

 計画は自分で立てることもできますが、介護支援専門員(ケアマネージャー)にお願いすることもできます。

 この場合計画作成にかかわる費用については全額保険給付で賄われます。

※サービスの利用については、原則として費用の1割が利用者負担になります。

 

高額介護サービス

同じ月に利用したサービスの利用者負担(1割)の合計額(同じ世帯に複数の利用者がいる場合には世帯合計額)が高額になり、一定額を超えたときには、減免されます。

 

    ・  問い合わせ先 【健康福祉係  内線125】

 

 

特定入所者介護サービス

施設サービスの居住費と食費は全額自己負担ですが、所得が低い方には所得に応じて自己負担限度額が決められており、限度額を超えた分は申請により保険から給付されます。

 

    ・  問い合わせ先 【健康福祉係  内線125】

  

4.介護保険要介護認定者への福祉

 

紙おむつ購入費用の助成

要介護3以上に認定され方を対象に、紙おむつの購入費の助成を行います。

 

※月3千円以内 領収書が必要です。
※所得制限があります。

 

    ・  問い合わせ先 【健康福祉係  内線125】

 

 

高齢者(障害者)にやさしい住宅改良促進事業

寝たきり老人等に認定され方を対象に老人等の居室、便所、浴室等を改善する費用の一部を助成します。

 

※所得制限があります。

 

    ・  問い合わせ先 【健康福祉係  内線125】

 

 

寝たきり老人等介護者慰労金支給

要介護3以上に認定され方を、在宅で介護している介護者の方に慰労金を支給します。

 

※6カ月以上 50,000円(年額) 所得制限があります。

 

    ・  問い合わせ先 【健康福祉係  内線125】

 

 

通院交通費助成券の交付

要介護1以上に認定され方等を対象に、通院交通費の助成(ハイヤー券またはデマンドバス券の交付)をします。

 

※所得制限があります。

 

    ・  問い合わせ先 【健康福祉係  内線125】

 

 

寝たきり老人等家庭介護者リフレッシュ事業

悩みを話し合ったり、介護技術の学習や介護者の健康相談などを行い、リフレッシュを目的にした旅行等を行っています。

 

    ・  問い合わせ先 【健康福祉係  内線125】

 

 

お問い合わせ

民生課
健康福祉係
電話:0269-82-3111

ページの先頭へ