パソコンページを表示
スマホページを表示

AED設置場所

AED設置場所

2013年3月21日

AED(自動体外式除細動器)設置場所

 村では、安全・安心の村づくりの一環として、村内公共施設に、AED(自動体外式除細動器)を設置しています。

20141010_AED配置図.pdf(1.06MBytes)
 AEDとは心臓がけいれんを起こすことにより、体中のに血液を流すことができない状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与えることで、正常な拍動に取り戻すための医療機器です。

 私たちの行動で、大切な命が救える場合があります。救命措置とAEDの使用方法を確認してみましょう。

 

【もしも 倒れている人を見つけたら】

  1. 肩を叩いて 意識の確認
  2. 119番(救急)通報及び周囲の助けを求める
  3. 呼吸の確認
  4. 2回の人工呼吸
  5. 30回の胸骨圧迫(呼吸がなければ)
    (胸が4~5センチ程度沈む強さで1分間に約100回ぐらいのテンポで)
  6. AEDで電気ショック
    (電気ショックの要・不要は、AEDが自動で判断します。また操作方法は音声でも案内されます)
  7. 救急車到着まで救命措置を繰り返す

お問い合わせ

民生課
健康福祉室
電話:0269-82-3111

ページの先頭へ