大賀ハス

logo


       稲泉寺
大賀ハス

 木島平村稲荷地区にある稲泉寺はその周囲をハス田とあじさいに囲まれ、7月の花の盛りには多くの観光客が訪れます。
  大賀ハスは、大賀一郎博士によって1951年(昭和26年)に千葉市検見川町にある東京大学検見川農場内を発掘した際に 、2000年前の泥炭層から発見されたものです。
 その後、発芽能力のある種子3粒が栽培され 「古代ロマンのハス」 大賀蓮 として全国各地に広まっていきました。逞しいハスの生命力が実証された貴重なハスで、毎年7月には桃紅色の美しく神秘的な見事な花を咲かせます。
 稲荷地区・稲泉寺にあるこのハスは、松本市島内土地改良区・上越市高田公園の観蓮園から株分けしていただきました。泥水を俗世と見立て、そこから咲き出す清らかな蓮の花を仏様に例えた由来のある蓮です。


プリンタ用画面
前
名水龍興寺清水
カテゴリートップ
自然・花
次
ダリア園

ページの先頭へ