木島平米

 

秋

 木島平村の稲作は、平成22年では約397haに作付けされ、栽培きのこを除く個別農畜産物産出額(H20)でも第1位(5億3千万円)の村を代表する産業です。
 志賀高原の北に位置し、ブナの原生林が広がるカヤの平高原を源泉とする一級河川(樽川・馬曲川)の清らかな雪解け水と、昼夜の寒暖差が大きい気候、肥沃な土壌などの自然に育まれた「木島平米」は市場でも評価が高く、古くは江戸でも愛用されてきました。

 
木島平米プロジェクト
 
平成24年秋に、国内最大の米の全国・国際コンクールである『米・食味分析鑑定コンクール:国際大会』(主催:米・食味鑑定士協会)が木島平村で開催されました。主要3部門で「金賞」に輝きました。(結果はこちら
 これに向けて、木島平米のさらなる品質向上とブランド化により、“米の里“としての地位をしっかりと確立することを目指し、平成21年4月、木島平農村交流型産業推進協議会と関係機関でプロジェクトチームを立ち上げました。
 
 ・プロジェクト概要 ⇒ こちら(PDF) 作成中
 ・プロジェクトチームメンバー 
 こちら 作成中

  

 
■金紋錦を使用している酒蔵(H22.2.1現在)
酒蔵名
酒 名
所在地
福光屋
黒帯
金沢市 (石川県)
角口酒造店
北光
飯山市 (長野県)
田中屋酒造店
水尾
飯山市 (長野県)
大澤酒造
勢起
望月町 (長野県)
桝一市村酒造場
州、ろく、白金
小布施町 (長野県)
菱友醸造
御湖鶴
下諏訪町 (長野県)
玉村酒造
縁喜
山ノ内町 (長野県)



環境にやさしい稲作の推進
『有機の里』の米づくり
 
木島平村では、畜産農家から排出される牛糞と菌茸農家から排出される培地残渣を活用した高品質堆肥を製造し、農地へ還元することで、安定的な生産に必要な地力の増進と減化学肥料栽培による稲作に努め、自然環境の保全と安全で安心な農産物の生産に取り組んでいます。
 水稲では、コシヒカリ・あきたこまち・金紋錦で、特別栽培米の栽培を約86ha(H22年産)の水田で実施しています。
 
 ・『有機の里』について 詳しくは ⇒ こちら
 ・木島平で特別栽培コシヒカリに取り組む生産者グループ
  “木島平米ブランド研究会”  ⇒ こちら
 

木島平村有機センターで作られる有機堆肥を多くの農家が利用

春・秋と有機堆肥を利用し、地力の増進を図っています

 

 

 
木島平の酒米
”金紋錦”
木島平村で有名なのはうるち米だけではありません。木島平村内でのみ栽培されている希少な酒米“金紋錦”は、全国的にも高値で取引される酒米の一つです。
金紋錦は、栽培が難しく、心白(しんぱく・米中心部の白色不透明の部分)が偏りがちという品種特性から、一時期生産農家が減っていましたが、酒造との契約栽培により生産継続されています。

黒帯

金紋錦を使用した
日本酒「黒帯」

 


プリンタ用画面
カテゴリートップ
特産品
次
木島平村の特産品

ページの先頭へ